介護職 転職

現職との待遇の違いに驚き!

介護職未経験でも、初めての転職でも大歓迎。
年収400万円以上やキャリアアップも可能!

完全無料です。1分登録は今すぐ

よくある面接質問

介護職の面接

介護職の採用面接で試験官がよく聞いてくる面接質問です。

 

想定質問として、このように聞かれたら、
どのように答えるか、しっかり準備をして面接に臨んでください

 

準備をすればするほど自信が出てきて、面接で緊張することもなくなります。

 

 

介護職の面接でよく聞かれる質問は下記の8点です。

 

 

・前職の退職理由はなんですか?

 

志望動機を聞かせてください。

 

今までの経歴を簡単に説明してください。

 

どのような仕事をしたいと思いますか?

 

・採用になったとしたら、いつから勤務できますか?

 

残業はできますか?

 

夜勤はできますか?

 

何か質問はありますか?

 

このうち、最初の4点「退職理由」「志望動機」「今までの経歴」「どのような仕事をしたいか」を
しっかり考えることは履歴書、職務経歴書を書くうえでも役立ちます

 

 

この質問に答えることで浮かんできた考えを履歴書、職務経歴書に
反映させることもできますし、履歴書、職務経歴書を書くときに
浮かんできた考えを、この質問の答えに反映させることもできます。

 

 

面接質問に対する答えと事前に提出している
履歴書、職務経歴書の内容がしっかりとリンクするように
矛盾しないように答えを準備して面接に臨みましょう。

介護職の面接質問

それでは、1つ1つの質問を詳しく見て、その質問に対する
答えを事前に準備していきましょう。

 

 

前職の退職理由はなんですか?

 

介護職で転職する際に必ずと言っていいほど聞かれる質問です。
どのように答えるか、しっかりと準備していく必要がります。

 

すでに退職しているときは
「前職の退職理由はなんですか?」と聞かれますが、
現在、在職中の時は
「なぜ、転職を考えましたか?」といった感じで質問されます。

 

どのように答えを準備するかは、こちらのページで詳しく説明しています。
退職理由を聞かれたら

 

志望動機を聞かせてください。

 

この質問も、介護職で転職する際は必ず聞かれます。
企業研究で応募先企業がどういったことを目指しているのか
調べ、それに沿った仕事がしたいと思い御社で働きたいと思いました。
といった感じで答えましょう。

 

こちらのページで詳しく説明しています。
採用される志望動機

 

今までの経歴を簡単に説明してください。

 

この質問は、面接開始後の早い段階で聞かれます。
この質問の意図は、応募者の緊張をほぐすことと
応募者の人柄を見ることです。

 

明るくハキハキと答えられればOKです。
間違っても、暗く小さい声でモゴモゴとならないように(笑)

 

ハキハキと答えるためには事前に答える内容を準備しておく
必要があります。

 

その場で考えながら答えてたら、明るくハキハキと
答えることはできないですからね。

 

軽いジャブ程度の質問なので、

 

「○○大学(高校)卒業後、○○という会社に就職し、
○年間勤務し、こんな仕事をしていました。
次に○○という会社に転職し、○年間勤務し
こんな仕事をしてきました。」

 

という風に答えればOKです。

 

一通り答え終わっても、面接官が何も言ってこなくて
変な間が出来てしまうことがあります。

 

そんなときはこちらからニコリと笑って
「以上です。」と言ってあげてください。

 

どのような仕事をしたいと思いますか?

 

この質問の答えは、ズバリ!「相手に合わせる」です。

 

求人票は募集案内に「仕事内容」や「お任せしたい仕事」
というような形で、その会社があなたにどのような仕事を
してもらいたいかが書いてあるので、それを答えましょう。

 

過去の経験から、その仕事をしてこんなうれしいことがあった。とか
今、こんな勉強をしているので、それを役立てるためにその仕事がしたい
といったような理由も一緒に答えましょう。

 

採用になったとしたら、いつから勤務できますか?

 

在職中の方は、

 

「退職を考えている会社とはいえ、
大変お世話になった会社なので引き継ぎなどしっかりと行ってから
転職したいと考えております。

 

そのため、2か月ぐらいはお時間をいただきたいと考えておりますが
御社のご希望を聞かせていただければ、それに沿えるように
いたします。」

 

といった感じで答えればOKです。

 

残業はできますか?

 

これは、もう正直に答えてください。
採用してもらいたい時は

 

「もちろんできます。過去に月○時間の残業を
こなしたことがあります。」

 

と答えましょう。

 

残業時間が長いのなら、採用されなくてもいいや。と
思うのならば、

 

「月○時間程度ならば残業できます。」

 

と答えましょう。
無理して嘘ついて採用されても、長く続けられないなら
最初から転職しないほうがマシですからね。
無駄に転職すると履歴書も汚れちゃうし・・・。

 

夜勤はできますか?

 

これも、残業時間と同じです。
正直に答えましょう。

 

志望動機と退職理由は練って練って、キレイな
回答を準備するものですが、残業時間と
夜勤の質問は正直に答えたほうが良いです。

 

面接は会社が応募者を選ぶ場ですが、
逆に私たちが会社をしっかりと見て、就職に値する
会社かを判断する場でもあります。

 

出来ることは出来ると言い、出来ないことは出来ないと言いましょう。
出来ないことを出来ると言っても、どうせ長続きしないですよ。

 

何か質問はありますか?

 

はい、きました。チャンス到来です。
しっかり自己アピールしましょう。

 

こちらのページで詳しく書いています。
質問はありますか?が最大のチャンス

「日勤のみ、日曜休み」なんてワガママも通る!

働きながら受講料0円で資格が取れる。
未経験、無資格でも今すぐ転職OK。

完全無料です。1分登録は今すぐ