介護職 転職

現職との待遇の違いに驚き!

介護職未経験でも、初めての転職でも大歓迎。
年収400万円以上やキャリアアップも可能!

完全無料です。1分登録は今すぐ

介護職の施設形態

(略称)特養 (正式名称)介護老人福祉施設、特別養護老人ホーム

65歳以上で要介護1〜5の認定を受け、常に介護が
必要な状態のため家庭での介護が難しい人を介護する場所。

 

寝たきりや痴ほう症など重度の人が多い。
地方自治体が運営する施設のため、低料金で利用できる。

 

 

医師や看護師が常勤しているため、医療的な心配がない
介護度の高い入居者が多いため、自分のスキルが高まる
長い期間にわたってのケアができる

 

向上心、成長意欲を持っていないと、ルーチンワークになりやすい。

 

(略称)老健 (正式名称)介護老人保健施設

入院の必要がなくなった病状の安定した人を、
家庭への復帰を目指すためにリハビリを行いながら
日常生活の介護を行う施設。

 

自宅に戻るのが前提のため、3〜6か月の単位で入所することが多い。

 

 

家庭復帰を目的にリハビリを行うため、入所者が元気になるのを実感できる
多くの職種のスタッフがいるため、職種によったいろいろなケアの方法を学べる

 

介護職は医療職のサポート的な役割になることも多い
自立を目指した介護なので、他施設とは少し異なった意識が必要な時も

 

(略称)グループホーム、GH (正式名称)認知症対応型共同生活介護事業所

軽度の認知症の症状があるが、自分の身の回りのことは
自分でできる人が入る施設。

 

1ユニット5〜9人で共同生活する施設。
原則的に医療的なケアは行っていないため、
認知症が進むと退去しなければならない場合もある。

 

 

施設ではあるが、雰囲気は家庭的
介護するというより、苦手なこと、できないことを助ける役割

 

認知症への理解が不足していると、適切な介護が難しい
夜勤時の人員が少なく、緊急対応が必要な時は判断力が求められる
入所者もスタッフも少ないため、人間関係が濃い施設もある

 

(略称)有料老人ホーム (正式名称)介護付き有料老人ホーム

運営は主に民間企業によって行われている。
特養が介護をするための施設だとすると、
有料老人ホームは介護や食事などのサービスが
付いた「住まい」

 

 

民間企業のため、昇給など給与体系が体系化されている場合が多い
給与体系やキャリアプランが体系化されており、将来のビジョンを描きやすい

 

スタッフ数が多いため、スタッフ間のコミュニケーションが重要になる
民間企業のため施設により方針が大きく異なる

 

(略称)デイ、通所 (正式名称)デイサービス、通所介護事業所

自宅で生活しながら介護を受けている利用者に対し、
自宅にこもりきりの孤独感の解消や家族の介護負担を
軽くすることなどを目的としている。

 

食事や入浴などの支援や、身体機能の訓練などを日帰りで提供します。

 

 

夜勤がない
日曜日が休みの場合が多い

 

利用者が曜日により入れ替わるため、利用者の状況把握が難しい

「日勤のみ、日曜休み」なんてワガママも通る!

働きながら受講料0円で資格が取れる。
未経験、無資格でも今すぐ転職OK。

完全無料です。1分登録は今すぐ